• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image19

 airbnbが熱い!

最近何かと話題のairbnb(エアビーアンドビー)というサービスがあります。

ようは、自宅の空き部屋やマンションの空室を利用して海外からの旅行者を泊めて、宿泊費を貰っちゃおうというサービスです。

実際、airbnbのサイトを見てみると日本人の方が自分の空き部屋なんかを外国人旅行者に提供しています。

宿泊費を貰わないでタダで泊めるタイプのサービスの代表格はカウチサーフィン(Couch Surfing)というのもあるみたいですね。

日本では「民泊」という言葉で行われているサービスは、ほとんどの集客をairbnbを代表とした民泊プラットフォームで行っています。

 熱いけど色々と大丈夫?!

海外ではかなり流行っていて日本でも徐々に人気がでているこのサービスですが、法的には色々と問題がありそうです。

追記:2016年9月現在airbnbは爆発的に日本で流行し、違法民泊が一つの社会問題となっています。

一番、真正面からぶつかるのが旅館業法です。

旅館業法では「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」をする場合には、営業許可の取得が義務付けられています。

これが、モロに抵触しそうです。

「宿泊料を貰って」外国人「旅行者を泊める」事を「反復継続して」行うわけですから、これが旅館業法違反にならないなら、旅館業法とは何なのだという事になってしまいます。

旅館業法では、比較的許可取得が簡単な簡易宿泊所許可というものでも、トイレの個数や手洗い場の個数の要件が厳しかったり、そもそも宿泊人数によって施設の作りを大幅に変えなければいけません。

したがって、現状だと日本でairbnbをやると、旅館業法違反となる可能性が大いに高いという事です。

追記:2016年9月現在、旅館業法上の許可を取得せずに行う民泊に対しては各自治体での取り締まりも行われています。行政の解釈も現在では無許可民泊は旅館業法違反ということで定まっています。

 旅館業法適用除外の動きがある

しかし、ここで救世主が現れます。

それがアベノミクスの第3の矢の要である国家戦略特別区域です。

この国家戦略特区は色んな面で従来の規制を緩めていこうというものです。

その中の一つにまさに旅館業法の適用除外があるのです・・・

 

長くなりそうなので、続きは又明日にします。

続きはこちら


face book グループ

民泊に関する情報共有の為のフェイスブックグループを主宰しています。ご興味ある方はこちらから参加申請をしてください

旅館業・簡易宿所許可物件をお探しの方へ

都内限定で旅館業・簡易宿所許可が取得可能な物件をご案内しております。詳細はこちらから。

物件オーナー様、不動産業者様へ

空室対策・空き家対策として所有・管理物件を旅館業・簡易宿所物件へ生まれ変わらせます。詳細はこちらから。
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrPin on Pinterest0Share on LinkedIn0
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。