• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経電子版に載ってました。とうとう、東京圏で外国人滞在施設として旅館業法適用除外申請が開始されます。以下、引用です。

「民泊」まず東京・大田区で 政府方針、外国人対象

 

政府は28日、一般の家を宿泊施設として活用する「民泊」について、全国で初めて東京都大田区で実現させる方針を固めた。旅館業法は多くの人からお金をもらって繰り返し泊める場合、必要な設備を整えることを求めているが、大田区ではマンションなどの個人住宅で外国人を泊める事業が来年中に可能となる見通しだ。

日本経済新聞電子版 より

詳細はこちらから

現在、特区内での外国人滞在施設旅館業法適用除外申請の実現につき一番可能性があるのが大阪府です。整備がうまくいけば来年から申請がはじまるでしょう。

これに続いて東京圏では大田区が先陣を切った事になります。大田区の除外申請がはじまれば他の特区に飛び火するのも時間の問題ではないかと思います。

まあ、法律、規則まで作っておいて今まで動いてなさすぎでしたので、これで勢いが出てくれればと思います。

ただ、大田区が先陣をきって動き出したのは意外でした。てっきり一番初めに動き始める自治体は渋谷区か港区かと思っていました。

大田区には羽田空港があります、と言われればそれまでですが。夜遅くに日本に到着した外国人の宿泊しやすさを狙っての事でしょうか。

いずれにしろ、この発表で大田区が一気に除外申請の注目株になりました。

大阪での除外申請、東京大田区での除外申請の動きを受けて近日中にセミナーを開催します。現状でできる事や旅館業法と除外申請を視野に入れた戦略等を中心に話します。

10月下旬か11月中に行いますので、日程等の詳細情報をご希望の方はこちらから①「相談区分」をセミナー情報とし②本文には「セミナー情報希望」として送信してください。

優先的にセミナー情報等をメールでご案内させていただきます。場所は東京で行う予定です。

※過去にお問い合わせいただいた方は、上記の手続きを得なくても優先的にご案内させていただきます。

この記事を書いたのは民泊実務集団TEAM NanatsuBaです

簡易宿所・旅館業・特区民泊許可取得の為の施設設計・デザイン・施工・各種許可申請を行政書士・建築士をはじめとした専門家チームで行います。行政書士・建築士・不動産会社・工事施工会社等、宿泊業のプロフェッショナルが物件紹介から施工までワンストップでサポートします。詳細はこちらから。

Facebookグループで簡易宿所・民泊許可情報共有中!

image107 簡易宿所・旅館業許可物件情報を不定期配信しています

空き物件・売り物件情報を求めています

デザインから設計、許可まで

image47
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。