• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内のビルのワンフロアで宿泊業応相談物件がでましたので、建築士と不動産業者とともに内見に行ってきました。

この物件、立地的には駅徒歩1分という場所ですので最高です。

窓、接道、天井高、文句なし、おまけにRCですので耐火面もバッチリ。簡易宿所をやるのはもってこいの物件です。

物件簡易チェックリスト

簡易宿所や旅館をやる場合には、物件探しが全てです。ほとんどの方が物件探しで非常に苦労されております。

以下に簡単に簡易宿所・旅館業にコンバージョン(用途変更)する際のチェック項目を挙げました。細かく見ると全然足りませんが、早い段階でできない物件を切るにはある程度役に立つかと思います。

  • 窓が多い(窓面積が広い)
  • 天井が2.5m以上(2段ベットをいれる場合)
  • 接道が確保できている
  • RCである(木造でもいいですが、RCなら階数に関係なくできます)
  • 2方向避難が確保できている
  • 検査済証がある(なくても方法はありますが、なければ時間もお金もかかります)

用途地域等もありますが、物件としては以上のような基準を満たしているものが比較的コンバージョン(用途変更)しやすいです。

もちろん例外はいっぱいありますのでそこは注意してください。

できれば、スケルトン状態のものがいいですね。オーナー許可はもちろん必要。感覚としては賃貸の場合、重飲食NGなところはほとんどNGです。

これだけ民泊、民泊と悪いイメージで騒がれてますから物件探しはホントに大変だと思います。

逆にいえば、だからこそ合法民泊に価値があるともいえますね。

弊所では許可取得可能な物件を不定期にご案内しておりますので、ご興味ある方はこちらよりお問い合わせください


face book グループ

民泊に関する情報共有の為のフェイスブックグループを主宰しています。ご興味ある方はこちらから参加申請をしてください

旅館業・簡易宿所許可物件をお探しの方へ

都内限定で旅館業・簡易宿所許可が取得可能な物件をご案内しております。詳細はこちらから。

物件オーナー様、不動産業者様へ

空室対策・空き家対策として所有・管理物件を旅館業・簡易宿所物件へ生まれ変わらせます。詳細はこちらから。
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrPin on Pinterest0Share on LinkedIn0
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。