• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。今年は民泊元年です。

年末年始は民泊に関する規制緩和の2016年までのまとめやらブログをいじったりしていたら、ちょっとブログ更新が止まってました。

去年の12月頃からの世間の民泊に関する動きはものすごい早さですね。数日情報発信をしないともはや過去の人的な感じになってしまいます。

年末年始にかけて民泊関連ニュースで気になるものが2つほど出ていました。以下、紹介します。

ワンルームでの民泊も可能に、床面積規制引き下げ

まずはこれ。2015年12月31日の記事です。

民泊、ワンルームも可能に 床面積規制引き下げ 厚労省検討

一般住宅やマンションの空き部屋に観光客を有料で宿泊させる「民泊」について、厚生労働省がワンルームマンションなどでも運営できるように床面積規制を引き下げる方向で検討していることが30日、分かった。政府・与党は民泊を旅館業法で定める「簡易宿所」に分類する方針だが、同法の施行令では客室の延べ床面積を33平方メートル以上にするよう規定。規制緩和により、急増する外国人観光客などの需要に応えようという狙いがある。2015.12.31産経WESTより

マンションでの民泊がやりやすいように旅館業法上での床面積の規制を引き下げるというもの。現行の旅館業法での最低面積33㎡を特区民泊に準じて25㎡ぐらいにするのでしょうか。

結構いろいろな民泊サイトでこのニュースは報じられてますが、言っている事は何ら新しいものではありません。

旅館業法上での民泊に対しての床面積の規制緩和は、2015年12月10日の記事がおもいっきり報じてます、yahooニュースで。

このブログでも、今後、民泊は旅館業法上の簡易宿所にはいるようですで取り上げてます。

厚労省が設置した有識者による検討会が来年3月をめどに民泊のあり方に関する中間報告をまとめる方針。

この有識者による検討会というのは「民泊サービスのあり方に関する検討会」のことでしょう。2016年3月までに中間報告をまとめるという事は大阪府での特区民泊が始まる一ケ月前ですね。その点も絡めての各方面での調整は難しそうですね。

民泊に関する情報の錯綜感

民泊に関する情報の錯綜は、こういう何か新情報があったかのような過去の記事の焼き直しが原因の一つですね。

民泊に関してはここ数か月で急激に注目されているので数字を稼げるのでしょう。アクセス数目当てに過去の焼き直し記事でも、各情報サイトが一斉に報じるわけですから情報の一元化は難しいですね。

民泊を段階的解禁へ

民泊を段階的解禁へ=小規模は来年、営利は18年までに—政府

政府は、民家の空き部屋などを旅行者の宿泊向けに貸し出す「民泊」を段階的に解禁する。個人が小規模で行う民泊を2016年中に先行して認めた上で、企業が営利目的で行う大規模な民泊については、より厳しい安全基準などを設けて18年までに解禁する方針だ。来月召集の通常国会から必要な法整備に順次着手する。           2015 年 12 月 30 日 時事通信社より

こっちのニュースのほうが、新情報感がありますね。

ただ、ちょっと微妙ですね。情報がぼやっとしすぎです。

まず、段階的に解禁の意味がよくわかりません。

個人で行う民泊と企業が行う民泊を分けて解禁していくと、そうゆうことみたいですが、個人なのか企業なのかの線引きも実際かなり微妙でしょう。

法人格の有無で判断するとしてら、個人事業主が営利目的で大規模に行ったらどうなるのでしょうか。

あてになるのは最後の一文ぐらいでしょうか。

18年までに解禁する方針だ。

2018年までには、民泊が全国で解禁になる予定とのことです。ここは、そうなんでしょう。もう最近は政府は民泊やりたくてしょうがないですからね。

2016年、2017年で色々な手法で民泊をやらせてみて様子を見て、2018年には本格解禁といった流れでしょうか。

2015年末から2016年にかけての気になる民泊ニュースを2つとりあげました。

 

この記事を書いたのは民泊実務集団TEAM NanatsuBaです

簡易宿所・旅館業・特区民泊許可取得の為の施設設計・デザイン・施工・各種許可申請を行政書士・建築士をはじめとした専門家チームで行います。行政書士・建築士・不動産会社・工事施工会社等、宿泊業のプロフェッショナルが物件紹介から施工までワンストップでサポートします。詳細はこちらから。

Facebookグループで簡易宿所・民泊許可情報共有中!

image107 簡易宿所・旅館業許可物件情報を不定期配信しています

空き物件・売り物件情報を求めています

デザインから設計、許可まで

image47
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。