• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市の許可を受けず、賃貸マンションの空き部屋を有料で貸し出す「民泊」を違法に行った疑いが強まったとして、京都府警は5日、旅館業法違反の疑いで、東京都千代田区にある旅行会社の顧問の男(52)=東京都葛飾区=と、山形市にある旅館代行業者の男(48)=同市=に対し、任意での事情聴取を始めた。容疑の裏付けを進め、2人を書類送検する方針。

無許可「民泊」業者を聴取、2人書類送検へ 京都府警  yahooニュースより

 

昨日付けのニュースですね。最近は夕方のニュース番組の特番でも取り上げられるなど、話題性の多い民泊ですが、トラブルばかりが注目されていますね。

昨日もどっかの民放で民泊、Airbnbを実際にやっている人のところに潜入して、あら捜しをしてましたね。渋谷のマンションだったかな。

まあ、マスコミなんて話題性さえあればいいわけですから、民泊に関しては今はネガティブな部分にスポットを当てる事がより話題性があるという判断なのでしょう。

上のニュースの場合、記事を見た感じだと業者はAirbnbを利用していたというよりは、独自に集客していたっぽいですね。朝食もあったりしたみたいですし。

ただ、現状では民泊、Airbnbは旅館業法でいう「旅館業」にあたり、違法であるとの認識でいたほうがいいです。国もそうゆう解釈でしょうし。

ネットなどで見ていると民泊・Airbnbは旅館業ではないなんて記事もあります。反復継続していないとか、友達を泊めているだけだからとか・・・もちろんそういう解釈を自分でして自分で思っている分には全く問題はないと思います。ただ、それが国に通じるかは別問題ですが。僕から見ればかつて高速道路を無料で通れると主張していた団体とあまり変わらないと思います。

そもそも、旅館業法にあたるかどうかなんて事を一生懸命に議論してもしょうがないと思いますよ。それは、僕らが決める事ではないし、各自治体ひいては裁判所が判断する事。

だったら、旅館業法に該当する事を前提として、じゃあどうするかと考えた方が絶対いいはずですよ。何事もそうですけど、よりネガティブな解釈でいれば何があっても大抵は対応できるはずです。

民泊・Airbnbに関しては今後もっと注目されると同時に負の面も露見してくると思います。ただ、今後の需要拡大も確実で、もっと伸びる分野でもある。

だからこそしっかりと規制をかけて育てていかないといけないと思います。

この記事を書いたのは民泊実務集団TEAM NanatsuBaです

簡易宿所・旅館業・特区民泊許可取得の為の施設設計・デザイン・施工・各種許可申請を行政書士・建築士をはじめとした専門家チームで行います。行政書士・建築士・不動産会社・工事施工会社等、宿泊業のプロフェッショナルが物件紹介から施工までワンストップでサポートします。詳細はこちらから。

Facebookグループで簡易宿所・民泊許可情報共有中!

image107 簡易宿所・旅館業許可物件情報を不定期配信しています

空き物件・売り物件情報を求めています

デザインから設計、許可まで

image47
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。