• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連日、Airbnbと旅館業法の話題です。ここ最近はAirbnbと旅館業法について同業者からの問い合わせなんかもあり、盛り上がりを見せている特区での旅館業法適用除外の動きですが、特区法に関する政令が8月末に改正されています。

「国家戦略特別区域を定める政令」

この政令は国家戦略特別区域法、いわゆる特区法に基づいて国家戦略特別区域を定めるものです。

旅館業法適用除外との関係でいえば、適用除外申請が「法律上」可能な地域を定めたものです。「法律上」というのは、あくまで実際に除外申請を行うには各自治体の条例が必要で国家戦略特別区域になっているからといってすぐに除外申請ができるわけではないという意味です。

東京では全域が特区に

8月末の政令改正により東京では全域が特区になりました。今までは東京の特区は、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区及び渋谷区の9区だったのが東京全域に拡大しました。

東京全域という事は僕の実家の伊豆大島も、小笠原諸島も、多摩地域も、東京都と名のつくところは全て特区という事になりました。

これってかなり大きな改正ですよね。

この改正で東京全域で旅館業法適用除外が可能になる基礎が整いました。最近は大田区と大阪府の条例制定ばかり目立ってますがこっちのほうを大々的に発表するべきだと思います。

千葉県は相変わらず成田市のみが特区、神奈川県と東京都は全域が特区という状態ですのでAirbnbを使って民泊事業をはじめようとする業者も今後確実に増えてくるでしょう。

徐々にですが、着実に動き始めてますね。


face book グループ

民泊に関する情報共有の為のフェイスブックグループを主宰しています。ご興味ある方はこちらから参加申請をしてください

旅館業・簡易宿所許可物件をお探しの方へ

都内限定で旅館業・簡易宿所許可が取得可能な物件をご案内しております。詳細はこちらから。

物件オーナー様、不動産業者様へ

空室対策・空き家対策として所有・管理物件を旅館業・簡易宿所物件へ生まれ変わらせます。詳細はこちらから。
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+14Share on TumblrPin on Pinterest0Share on LinkedIn0
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。