• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

現在、渋谷区で簡易宿所許可をはじめとする旅館業許可を取得しようとする場合には、ラブホテル建築規制条例なるものが立ちはだかります。

このラブホテル建築規制条例、ようするにラブホテルを作らせない為の条例です。渋谷区では、簡易宿所・旅館業許可を申請する前に、この条例のおかげで「この施設はラブホテルではありませんとよ」という証明が必要になります。

ラブホ条例の要件

その証明は、基本的には施設のハード面のものがほとんどでかなりやっかいです。以下がクリアしなければならない要件。

  1. 外部からフロント及びロビーを見通すことができ、営業時間中に自由に出入りすることができる玄関
  2. 受付、応接の用に供する帳場、フロント等の施設
  3. 自由に利用することができるロビー、応接室、談話室等の施設
  4. 食堂、レストラン又は喫茶室及びこれらに付随する厨房、配膳室等の施設
  5. 会議、催物、宴会等に使用することができる会議室、集会室、大広間等の施設
  6. 帳場、フロント等から各客室に通じる共用の廊下、階段、昇降機等の施設で、宿泊又は休憩のために客室を利用する者が通常使用する構造
  7. ユニットバス(バスと便所が製造工場で一体成型されたものをいう)を備えた18平方メートル以下の一人部屋の床面積の合計が、全客室の床面積の合計の3分の1以上である構造
  8. 総客室数の5分の1以下のダブルベッド(幅1.4m以上のものをいう。)を備えた構造
  9. 客室の外部に面する窓ガラスが透明ガラスであり自然光を遮蔽するフィルム等が貼りつけていない構造
  10. 客の性的感情を刺激しない清楚な内装、照明、装置、装飾品等の内部設備
  11. 青少年の健全育成及び附近の住民の生活環境を損なわない素朴な外観

これらの要件のうち1つでも満たしていないと、それだけでアウトです。アウトになったら、その施設はラブホテルと看做され、その先の簡易宿所・旅館業の許可には進めません。そこでゲームオーバーです。

玄関・フロント・ロビーは基本的に1階になければなりませんし、会議室・食堂なんかは必須設備なわけです。そもそも、渋谷で1階限定の物件探しなんて全く物件が見つかる気がしません。かなりの無理ゲーです。

ラブホ条例の改正

このラブホテル建築規制条例、今年2016年の10月1日に改正施行され、要件の若干の緩和があります。

玄関・フロント・ロビーの1階必置要件なんかはなくなるのですが、それでも食堂や会議室が必要だったりで以前ハードルは高いままです。一応2020年の東京オリンピック・パラリンピックでの需要を受けての改正とのことですが、まだまだ条例クリアには費用と根気強い物件探しが必要そうです。

それでも渋谷でやりたい人が多い

他方、airbnbをはじめとした民泊においては渋谷区は非常に魅力的な市場なわけです。風の噂では渋谷区のある地域での大型物件は、半年先まで予約で埋まっているらしいです・・いいですね。

もっとも、その分違法民泊が多いのも事実ですし、今後の新民泊制度施行に向けた段階で渋谷区はそれなりにやられる気がします。大掃除とまでは言いませんが、一定の何かはあるでしょうね。

長くなりましたが、ここからが本題です。

それだけ、みんなが民泊をやりたい渋谷だけど、ラブホテル建築規制条例が立ちふさがって簡易宿所・旅館業の許可がとれない。

とれない・・とれない・・本当にとれないんですかね?

ここで、ちょっと立ち止まって渋谷区のラブホテル建築規制条例を再度見てみましょう。

ラブホテル建築規制条例は第2条で規制の対象となる「ホテル等」として簡易宿所や旅館業をその対象としています。

第2条1項 ホテル等 旅館業法(昭和二十三年法律第百三十八号)第二条第二項に規定するホテル営業、同条第三項に規 定する旅館営業及び同条第四項に規定する簡易宿所営業(施設全体がシングルカプセル形態の簡易宿所営業を除く。 )のための施設をいう。

 

注目すべきは、太字の括弧書きの部分です。

簡易宿所でも、施設全体がシングルカプセルタイプの簡易宿所であればラブホテル建築規制条例の対象から除外されてます。

そうです。

ラブホテル建築規制条例は、簡易宿所型でもシングルカプセルタイプの施設であれば適用されないのです。これって、意外と知られてないです。

シングルタイプのカプセルホテルとは、いわゆる普通のカプセルホテルってことです。最近では、ダブルベットタイプのカプセルホテルなんかありますが、そうではなくシングルタイプってことです。

なので、渋谷でも普通のカプセルホテルタイプの簡易宿所なら、ラブホテル建築規制条例の網はかかってこないわけです。感動ですね。

したがって、ビルのテナントでもリノベーションをかけてしっかりとカプセルホテルタイプに作り替えれば通常の簡易宿所としての要件だけを備えればOKなわけです。

当然、建築基準法と消防法はクリアしないといけませんけど、一見無理そうな渋谷での簡易宿所もカプセルホテルタイプならいけるわけです。

以上が今日言いたかったラブホテル建築規制条例の除外部分のことです。前半かなり長かったですが、ようは渋谷でもやろうと思えばいけるよ!、ってことが言いたかったわけです。

渋谷で簡易宿所をお考えの方は参考にしてください。

地上6階、地下1階建ての事務所用途ビルのワンフロアのみを簡易宿所に用途変更し、許可申請を行いました。

許可種別 簡易宿所許可
名称 With B hostel
場所 東京都中央区
規模 地下1階、地上6階建
対象面積 155.25㎡
用途 事務所⇒簡易宿所
定員 ドミトリー・34名

廃屋状態となっていた旅館を、HOSTELとして復活。新たに旅館業許可を取得しました。

許可種別 旅館営業許可
名称 Book Tea Bed IZU-OSHIMA
場所 東京都大島町
規模 2階建
対象面積 282.65㎡
構造 RC造
用途 旅館営業
定員 客室数9
竣工 2018年5月

地上6階、地下1階建ての事務所用途ビルのワンフロアのみを簡易宿所に用途変更し、許可申請を行いました。

許可種別 簡易宿所許可
場所 東京都中央区日本橋
規模 地下1階、地上6階建
対象面積 155.25㎡
用途 事務所⇒簡易宿所
定員 ドミトリー1部屋、34名(17ベット)
 

まずは、お問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

物件住所 (必須)

揃っている書類
 確認済証 検査済証 申請書副本 何も書類がない 不明

現在の状況・概要(必須)

The following two tabs change content below.

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。