• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民泊許可(旅館業・簡易宿所)を取得しようと考えた場合、保健所に提出すべき必要書類をまとめました。東京であれば自治体でそこまで変わりはないと思いますので、参考にしていただければと思います。

旅館業許可申請書

申請書は、各保健所のHPか窓口でもらえますので、それに必要事項を記入しましょう。必要事項は、以下のような感じです。

  • 施設の名称:簡易宿所でもホステルやホテル等の表現で問題ない場合が多い。管轄の保健所に必ず確認しましょう。
  • 施設の所在地
  • 営業種別:旅館・ホテル業、簡易宿所、下宿営業の中から選択します。
  • 管理者氏名:施設に常駐する管理者の氏名になります。申請時に決まっていない場合は決まり次第、保健所に連絡しましょう。
  • 申請者の住所、氏名、電話番号

申請書に申請者の押印は不要です。保健所関係の書類は申請書には押印が不要な場合が多いです。

法人の登記事項証明書

いわゆる法人の謄本です。法務局で取得できる書類です。正確には「履歴事項全部証明書」という書類になります。1通600円です。

定款

法人の場合、定款も添付します。この時、法人の目的として旅館営業や簡易宿所営業といった文言が挙がっていなくても問題ありません。次回、定款変更の際に追加するようにしましょう。

申告書

これは、旅館業・簡易宿所営業の申請の為だけの書類になります。何を申告するかというと、法人であれば役員が、個人であれば本人が旅館業法上の欠格事由に該当していないということを自己申告する書類になります。

欠格事由は、旅館業法第3条に記載されています。成年被後見人や被保佐人、破産手続きを受けて復権を得ないもの、禁固以上の刑に処せされてから3年を経過しないもの・・等が欠格事由になります。

住所、氏名、生年月日を記載して判子を押せばOKです。

構造設備の概要

この書類には、定員、客室数、客室面積、トイレの数、洗面所の給水栓の数、共同トイレの数、浴室の数、部屋番号・・といった施設の中で許可要件に関わるものを記載していきます。客室数や階層が多い施設はかなり面倒な書類となります。けっこう細かい部分まで要求する自治体もありますので、注意が必要です。

ひな形は保健所の窓口かHPにあるかと思います。

付近周辺見取り図

見取り図はひな形はないので、こちらで用意するしかありません。半径300m~400m程度の周辺地図を提出すればOKなのですが、注意点が1点あります。周辺地図は、周辺の建物名や店舗名が入ったものを提出する必要があります。グーグルマップではNGの場合が多いです。ゼンリンの住宅地図のようにどんな施設が周辺にあるのかわかるようなものでなければなりません。

おそらく、保健所側が照会施設(教育施設)を確認するのにも使うのでしょう。弊所では有料のものを提出しています。

建物配置図

配置図とは、建物を上から見て、接道や隣地との位置関係を示した図面のことです。既存建物であれば、竣工図面の中にあるはずですので確認してみましょう。

各階平面図

もっとも、大切な図面になります。平面図ですね。保健所協議の段階から、最後の完了検査までこの図面を通して手続きが進んでいきます。

もちろん、許可要件を満たすように作図しなければなりません。手書きでも構いませんが、保健所は最終検査の時に計測しますので、平面図と寸法が変わってくると、面積が異なりますので注意してください。

立面図・正面図・側面図

色々な言い方がありますが、ようは立面図です。建物を外から縦に見た図面が立面図です。通常は、東西南北4方向からの立面図が必要になります。

窓や玄関の位置関係を確認するのに必要になります。素人が作成するのは難しいので建築士に頼むのが一番早いでしょう。自治体によっては、立面図の代わりに4方向からの写真でもOKというところもあります。

積算図

積算図とは、平面図に寸法を入れて面積を出した図面になります。通常は、平面図に書き込んでしまいますので、積算図単体では提出しません。客室面積や有効客室面積を算出するのに使います。


以上が、民泊許可(旅館業・簡易宿所)の際に大体どこの自治体でも必要になってくる図面です。これ以外にも、給水・排水図面、空調図面、ガス配管図面、照明設備の配置図なんかが必要な自治体もあります。

これらの図面は、施工が必要な物件であれば、施工業者がどこまで作図してくれるのか事前に確認しておくことをおすすめします。

 

 

The following two tabs change content below.

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。