• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民泊用に簡易宿所や旅館業の許可取得を考える場合、注意すべきポイントはいくつかありますがその中でも最も注意しなければならないポイントの一つが「窓」です。

窓については、建築基準法上は採光や排煙との関係で窓面積が求められますし、消防法的にも避難や消火活動の関係で窓は問題となります。

これに対して、旅館業法的な部分だけであれば、旅館業法には隣接建物との距離等にはっきりとした基準はなく大切なのは窓「面積」になります。※旅館業法的にも全く採光がとれない窓は問題外です。自然光線が十分に採光できる窓は旅館業法的にも必須です。

窓面積の原則

旅館業や簡易宿所の場合、窓面積は客室の有効床面積の1/10~1/8以上が必要となります。都内では客室の有効床面積の1/10以上の窓面積を要求している自治体が多いです。

1/10以上ですから、客室の有効床面積が100㎡であれば10㎡以上の窓面積が必要になります。

1/10以上の窓面積とは、それなりの窓面積ですので、まずはじめにチェックしなければならないポイントです。窓が多いあり、潤沢な窓面積を確保できれば客室も広く作ることができます。

反対に窓がほとんどない建物では、客室部分を狭くせざるを得ませんのでその分収容人数が減ります。

賃貸で民泊運営をする場合にはまずは「窓の多さ・広さ大きさ」から、これが鉄則です。

客室の有効床面積

窓の面積算定の基準となる客室の有効床面積とは、実際の客室の床面積とは別概念です。客室の床面積とは通常、宿泊者が立ち入らない部分を除いた全ての床面積のことです。したがって、客室の床面積には、クローゼットは算入されませんが、トイレ・浴室等は算入されます。

対して、客室の有効床面積とは宿泊者が睡眠・休憩等ができるスペースのみのことを指します。客室の有効床面積には、クローゼットはもちろん算入されませんが、トイレ・浴室等は算入されません。

地上6階、地下1階建ての事務所用途ビルのワンフロアのみを簡易宿所に用途変更し、許可申請を行いました。

許可種別 簡易宿所許可
名称 With B hostel
場所 東京都中央区
規模 地下1階、地上6階建
対象面積 155.25㎡
用途 事務所⇒簡易宿所
定員 ドミトリー・34名

廃屋状態となっていた旅館を、HOSTELとして復活。新たに旅館業許可を取得しました。

許可種別 旅館営業許可
名称 Book Tea Bed IZU-OSHIMA
場所 東京都大島町
規模 2階建
対象面積 282.65㎡
構造 RC造
用途 旅館営業
定員 客室数9
竣工 2018年5月

地上6階、地下1階建ての事務所用途ビルのワンフロアのみを簡易宿所に用途変更し、許可申請を行いました。

許可種別 簡易宿所許可
場所 東京都中央区日本橋
規模 地下1階、地上6階建
対象面積 155.25㎡
用途 事務所⇒簡易宿所
定員 ドミトリー1部屋、34名(17ベット)
 

まずは、お問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

物件住所 (必須)

揃っている書類
 確認済証 検査済証 申請書副本 何も書類がない 不明

現在の状況・概要(必須)

The following two tabs change content below.

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。