• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民泊新法では、1年間のうち最大で180日しか民泊営業することができません。

180日のカウントは正確には営業日数ではなく、実際に宿泊させた日数基準ですがここでは営業日と表現します。

この180日規制にみなさん頭を悩ませているわけで、残りの185日をどうするのかという問題は民泊新法では最大の論点です。

ただ、実際はおそらく解決策も裏技も何もなくて180日宿泊させたら、それでその年は終わりということになります。あまった185日はスペース貸しやマンスリーとして回すしかないのが本音でしょう。

民泊新法はあくまで、民泊側から見るのではなくて、賃貸経営側から見るのが正しい理解です。賃貸経営の空室リスクを民泊で補填、それが民泊新法の建前になります。

あくまで、建前はですが。

こんな、どっちつかずの民泊新法ですが、よくよく注意してみると最初の1年間に関しては360日、ほぼ通年営業できてしまう方法があります。

その方法とは、民泊新法での営業を10月1日から行えるようにすること。

簡単ですね。

2018年9月中に申請関係を終わらせておいて、2018年10月1日から宿泊予約を入れ始める。これで、2019年の9月の最終週まで毎日営業できます。

カラクリは民泊新法の1年間のカウントにしかたにあります。

民泊新法での1年間のカウントは毎年4月1日正午から翌年の4月1日正午までです。なので、毎年4月1日正午には180日制限がリセットされるわけです。4月1日まで数日しか営業していなくても、180日MAXまで営業していてもです。

2017年10月1日~2018年4月1日までで180日ですが、この180日制限は2018年4月1正午にはリセットされます。よって、2018年4月1日からは新しい1年になります。そこで、引き続き180日間、つまりは9月の最終週までは営業できるのです。

結局、2017年10月1日から360日間営業したことになります。

ポイントは1年間のカウントの起算が民泊申請をした時点(民泊をはじめた時点)から1年ではないということ。そうすると手続きが煩雑になりすぎるから一律4月1日スタートということにしたのでしょう。なので初年度に関してはこうゆう歪みが出てくるのです。制度の歪みは商機を作ります。

これは、はじめの1年だけのボーナスですがかなり大きなポイントになるはずです。新規参入で民泊をはじめる場合、はじめる時期さえ間違えなければ常にこのボーナスは使えます。

まあ、2年目以降は通常どおり年間180日制限がかかりますのであしからず。

と、こんな記事を書いていたらもっとやばめの方法を思いついてしまいました。さすがにここでは書けませんのでリアルであった方には提案したいと思います。

立場上、色々ありますので。

では、また。

民泊実務集団TEAM NanatsuBaとは

簡易宿所・旅館業・特区民泊許可取得の為の施設設計・デザイン・施工・各種許可申請を行政書士・建築士をはじめとした専門家チームで行います。行政書士・建築士・不動産会社・工事施工会社等、宿泊業のプロフェッショナルが物件紹介から施工までワンストップでサポートします。詳細はこちらから。

Facebookグループで簡易宿所・民泊許可情報共有中!

image107 簡易宿所・旅館業許可物件情報を不定期配信しています

空き物件・売り物件情報を求めています

デザインから設計、許可まで

image47
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。