• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

airbnbのコミュニティを見ていて結構多いと感じる質問が民泊新法に関するもの。中でも、180日制限に関するものが多い。

マンションで新法民泊をやる場合であれば、1部屋で180日をカウントするのは当然のように感じます。マンションの1部屋の中の洋室で180日、和室で180日というカウントはなかなかしないかと思います。

対して、戸建てになると洋室、和室ごとで180日をカウントしてもいいんじゃないかというような気もしてきます。

どうなのでしょう。

答えは、各部屋に民泊新法の必須設備要件である①台所②浴室③便所④洗面があり、かつ、届出を各部屋ごと別々に申請すれば、1部屋ごとで180日をカウントできるようになります。その場合は当然ライセンスナンバーも1部屋につき1個です。

したがって、各部屋が独立して要件を備えていない場合には、建物1つで1申請となります。そうなると、ライセンスナンバーも建物で1つです。

普通の戸建てであれば、各部屋に独立して設備があるなんてことはないでしょうから、1つの建物で1つの申請しかできないのが現実ですね。

180日のカウントも1部屋ごとではなく、1建物ごとになります。

洋室に1組泊めたら、和室が空いていてもそれで1日カウントです。

マンションで申請する時には、マンション一棟で1つの申請にしてしまうと、1部屋埋まっただけでそのマンション全ての部屋が残り179日しか稼働できなくなってしまいますので注意が必要です。各部屋ごとに申請することが必要になります。

 

The following two tabs change content below.

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。