• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉市が特区民泊を平成29年中にも開始するらしいです。

千葉市、民泊条例制定へ

千葉市は26日、国家戦略特区の規制緩和を活用した「民泊」条例を制定すると発表した。対象地域は市内陸部の緑区と若葉区で、外国人らに古民家や農家の離れに宿泊しながら周辺で農業などを体験してもらい、市の自然の豊かさをPRするのが狙いだ。県内自治体で初の試みで、9月定例会に条例案を提出し、年内にも実施する方針だ。 2017年06月27日:YOMIURI ONLINE より

千葉は全くのノーマークでした。

千葉はディズニーランドもシーもありますし、外国人需要だけに左右されない集客ができる地域とも考えられます。

ただ、今回の千葉市の特区民泊はどうもディズニー需要とかそうゆう浮ついた感じではないようです。

千葉市が出しています条例案の概要資料をもとに解説します。

実施地域

千葉市の若葉区と緑区の一部地域が特区民泊の実施地域とのこと。私、千葉県に全く土地勘がないのでわかりませんがこの地域での実施というのはどうなのでしょうか。

もっとも、資料によれば若葉区と緑区全域ということではなく一部ということになっています。

この実施地域を見ますと、千葉市は特区民泊に関してはかなり勝負してきています。

なぜなら、若葉区と緑区の特区民泊実地地域は住居専用地域市街化調整区域となっているからです。住居専用地域と市街化調整区域は通常であれば宿泊業ができない地域です。

そこをあえて特区民泊の実施地域とするということは、特区民泊と旅館業・簡易宿所をはじめとする宿泊業とのすみ分けを千葉市は考えています。通常の宿泊業は商業地域などの比較的にぎやかな地域で、特区民泊は内陸の地域でという感じです。

逆に旅館業・簡易宿所が可能な地域(1種住居・2種住居・住居・商業・近隣商業・準工業)と工業地域では特区民泊はできません。繁華街である商業地域では千葉市の場合特区民泊はできないことになります。

これは、どうでしょう。

住居専用地域での特区民泊はかなりリスクのあるチャレンジだと思います。吉とでるか凶とでるか。千葉市は勝負にでましたね。

最低宿泊日数

これは2泊3日とのこと。6泊7日じゃなくてよかったです。

今後のスケジュール

7/1 市政だより掲載(パブコメ実施、住民説明会実施)

7/3~8/4 条例(案)の概要 パブリックコメント実施

7/15 若葉区、緑区住民への説明会実施

9月 平成29年第3回定例会 条例議案提出

12月中 事業開始

7月3日から一ヵ月間のパブコメを経て、12月中には事業開始という予定です。


千葉市での特区民泊がはじまれば、これで関東圏では大田区に続き2自治体目となります。千葉市の特区民泊は実施地域にあらわれているように他の自治体の特区民泊とは少し毛色が違う感じになりそうです。

地域に根差した特区民泊も全然ありだと思いますが、地域が特区民泊を上手く受け入れてくれるのか、千葉市の特区民泊が成功するにはなかなか高いハードルがありそうですね。

この記事を書いたのは民泊実務集団TEAM NanatsuBaです

簡易宿所・旅館業・特区民泊許可取得の為の施設設計・デザイン・施工・各種許可申請を行政書士・建築士をはじめとした専門家チームで行います。行政書士・建築士・不動産会社・工事施工会社等、宿泊業のプロフェッショナルが物件紹介から施工までワンストップでサポートします。詳細はこちらから。

Facebookグループで簡易宿所・民泊許可情報共有中!

image107 簡易宿所・旅館業許可物件情報を不定期配信しています

空き物件・売り物件情報を求めています

デザインから設計、許可まで

image47
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。