• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古の共同住宅を購入後、コンバージョン(用途変更)をかけ、旅館又は簡易宿所で運用するというスキーム。実はかなりの可能性があるスキームで、今後は相当数でてくくると思います。色々な方からお話しを聞いているとどうも大手は新築案件は扱うが、こういったコンバージョン案件は扱いにくいようです。

コンバージョン案件はめんどくさいですからね。

まあ、旅館なり簡易宿所なりは土地から建ててしまうのが一番簡単で、用途変更で宿泊業にするにはかなりの専門性が必要になります。

TEAMNanatsuBaでも4月末にこの共同住宅⇒旅館業へのコンバージョン案件の決済があります。場所は新宿。一等地でございます。

共同住宅一棟ですから数億はする物件です。

おいおい書いていきますが、この案件は共同住宅⇒旅館業へのコンバージョンを考えた際に一番の問題点である容積率を、高さの関係で使い切っていなかったので用途変更が可能でした。

共同住宅と旅館はもともと同じ特殊建築物ですので、共通点は多くあります。なので、容積率をクリアできれば意外とコンバージョンはやりやすいわけです。

この思考をもっと進めるとあるスキームにたどり着きますが、それはここでは書きません。

いずれにしろ、共同住宅と旅館は建築的にも旅館業的にもかなり近い存在なのです。

今後、確実に増えるであろう共同住宅⇒旅館業スキーム。ファイナンスも含めたサポートをいち早く形にしたいですね。


face book グループ

民泊に関する情報共有の為のフェイスブックグループを主宰しています。ご興味ある方はこちらから参加申請をしてください

旅館業・簡易宿所許可物件をお探しの方へ

都内限定で旅館業・簡易宿所許可が取得可能な物件をご案内しております。詳細はこちらから。

物件オーナー様、不動産業者様へ

空室対策・空き家対策として所有・管理物件を旅館業・簡易宿所物件へ生まれ変わらせます。詳細はこちらから。
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrPin on Pinterest0Share on LinkedIn0
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。