• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回書いた、共同住宅から旅館業へのコンバージョン案件の物件購入決済が無事終わりました。

場所は新宿、6階建て、14部屋の物件です。

これを、この後旅館へ用途変更をして、旅館として保健所に申請します。

一番の問題の容積率はクリアできていますが、この物件は1階のエントランス部分が若干狭いので1階にうまくフロントを作らなければなりません。新宿区の基準ではフロントに関しては細かくきまっている部分は多くないのですが、バックヤードをしっかり作って余裕のある構造にします。

新宿区では各階にリネン庫の設置が必要になります。それも空きスペースに作ることになります。

窓面積についても問題なし、避難経路も問題なし、自火報関係についても問題なしです。

確認済証や検査済証、申請副本も全部揃ってますのでコンバージョンには非常にいい物件です。

まずは、用途変更の確認申請ですね。もちろん用途変更はTEAMNanatsuBaの建築士が担当します。

実はうちの建築士は熱海の物件で検査済証なし、申請副本なしというめちゃくちゃ難しいコンバージョン案件を見事に仕上げていたりします。今回も、まずは用途変更をしっかりとこなします。

Facebookグループで民泊許可情報共有中!

image107

物件情報不定期配信中!

お問い合わせ

toiawasebana

物件情報募集中!

デザインから設計、許可まで

image47
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrPin on Pinterest0Share on LinkedIn0
The following two tabs change content below.
冬木 洋二朗

冬木 洋二朗

代表・行政書士Team NanatsuBa
民泊実務集団TEAM NanatsuBa代表。 行政書士。 適法・合法な民泊運営の為の各種許可申請代行を専門家チームで行っております。これまで、上場企業から個人投資家まで多くの方とご一緒にお仕事をさせていただきました。2014年から、当ブログで情報発信をしています。